世界のCM 世界の広告

インドにとって革新的なCM





インド TATAグループ の宝石会社Tanishqのショートムービー




インドで離婚、再婚は長い間ご法度とされていたという文化背景の上で見ると、
この再婚をポジティブなものと捉える広告はインドでは革新的だったことでしょう。


  1. 2013/10/31(木) 22:26:11|
  2. CM 雑貨
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

古典的構成だけれど、好感を持てるiPad Airの広告




いまさらですが、iPad Airの広告。


『何だろう、なんだろう』

    ↓

『あ!これか!なるほど!』

というかなり古典的なCM構成だけれど、
ちゃんとストーリー性も、機能訴求もできていいと思う。


基本的にマイナーチェンジばかりで、
プロダクト自体に驚きが少なくなってきたことが
今後のAppleの課題かもしれない。

  1. 2013/10/29(火) 22:42:40|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ケガしたっていいからフルスイング!の表現




ご無沙汰しておりました。

鬼の香港→インド出張 を経て、戻って参りました。

今日からまたいつもの通り始めていきます。

今回は日本から、ホクトのきのこのCM


もう、怪我したっていいからフルスイング!という表現。

結果ネットでとんでもない拡散を経て、我々が知るところとなりました。


こういう勇気がもっと広告には欲しいですな!


  1. 2013/10/28(月) 22:03:58|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

久しぶりに長尺ものの強さを見た




Look inside,


このタグラインと物語のリンクが、メッセージを更に強くするCM

  1. 2013/10/09(水) 22:26:10|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

シュールすぎるプロモーションビデオ




Paul Smithのプロモーションビデオ。

秋冬もののプロモーションのため、
下着のモデル2人がアルプスの2500メートルの山で綱渡りをするというもの。


シュールすぎるw

プロモーション素材として成功しているのかは、正直わからん。


ファッションは、いかに今までしてこなかったことをするかだから、
その観点から言うと面白いのかもね。


  1. 2013/10/08(火) 11:02:38|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

トレンドは、すぐにすたれる




アルゼンチンのミルカというチョコのブランドのプロモーション

自販機と牛を他人と手を繋いでつなぐことによって、
ただでチョコがもらえるというアイデア。


完全にCoca ColaのOpen Happinessの(パクリ)な訳ですが、

この手の「幸せを提供しよう」アプローチが近頃多発され過ぎて、
新鮮味がなくなってきましたね。。。。


  1. 2013/10/04(金) 21:08:14|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ネーミングの妙

kids.jpg


久々に思わず笑っちゃいました。


はなまるうどんが
世界初?生の子供をクーポンとするキャンペーンを
10/1から開始したとのこと。


キャンペーンサイトはこちらから。

ふつうに言えば

「子どもと一緒に来店の場合は50円引き」

というところを、

「世界初!あなたのこどもがクーポンに!」
「生こどもクーポン」

と再定義したところがアイデアの光るところ。

これによって、なんてことない50円引きが、
一気にザラつきを持ち、インパクトあるキャンペーンとなる。

ネーミングの妙を久々に味わったキャンペーンです。

  1. 2013/10/03(木) 10:56:23|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

スキップボタンをアイデアに

The Missing Person Pre-Roll from VML Australia on Vimeo.



オーストラリア警察によるプロモーション。

Youtubeには動画本編の前にpre-rollと呼ばれる広告があります。

広告には2種類あって、
5秒で広告を飛ばすボタンが出るものと、15~30秒強制視聴させるもの。


今回は、5秒でスキップできる枠を使った広告です。

広告5秒の間に行方不明者の詳細情報を表示、

5秒後に「この広告をスキップ」とボタンが出るところに

「Yes, I have」
「No, I havent」
という2種類のボタンを配置。

「Yes,I have」というボタンをクリックすると、
情報提供を入力するサイトにジャンプできるというもの。


オンライン広告にはgeo-targetingという設定方法があります。
geo-targetingは、サイトに接続するIPによって視聴者やユーザーの位置を認識し、
そのターゲットの位置に合った広告を出すというものです。



今回のケースにもgeo-targetingの技術がつかわれており、

行方不明者情報は、その行方不明者がいなくなった地域周辺の動画視聴者に
表示されるようになっていたとか。

5日間で238人が情報提供をしたとのことで、それなりに結果も出ている様子。


Pre-rollのスキップボタンを
コミュニケーション手法にしているという点が
とても斬新。


  1. 2013/10/01(火) 20:17:01|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0