世界のCM 世界の広告

車窓をメディアに




サングラスのRay-Banがベルギーで行ったキャンペーン


トラムをジャックして、Ray-Banの新しい変更レンズを訴求するというものですね。


トラムの窓にRay-Banのサングラスと同じ色のフィルムを張ることで、
サングラスをかけたときの町の風景を再現するというもの。


車窓をメディアにするというアイデアが見たことあるようでなかったのでUP.


  1. 2013/08/30(金) 15:56:29|
  2. OOH
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

一見ネガティブなものに、魅力がある。

1_aotw_2.jpg


インド政府観光局のポスター。


コルカタのモンスーンのワンシーンとのこと。

雨を魅力として訴求するっていうのは斬新な観点だと思った。

  1. 2013/08/29(木) 20:02:51|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ジョジョ尽くし!!!の山手線!!!!

jyojyo2.jpg

ジョジョの奇妙な冒険のPS3用ゲーム
「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」

の発売記念のプロモーション。


山手線を大胆にジャック!

これは1部だけだが、中づりなんてスティッキーフィンガーズだよ!
これちゃんと切り取られているじゃないか!



jyojyo.jpg


ファン垂涎の企画であります。



  1. 2013/08/28(水) 16:44:09|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

現実の価値は、シェアしたくなるかどうかなのか




今回はコミュニケーションという観点から、
広告とは少し離れた、でも大切な番外編。


この動画をご覧いただきたいのですが、


スマホのスクリーンによって、
今まで見えていたものがたくさん見えなくなっているんですねぇ。

昨日私もJason Mrazのライブに参戦したわけですが、
まぁースマホでずっと撮影している人の多いこと多いこと。

(Jason Mraz自身は自分のライブを個人が撮影することを公に認めているようです)

せっかくの生Jasonを、みんな記録する、
シェアすることに必死になっちゃっているんですね。


おいしそうなご飯もそう、

素敵なアーティストもそう、

楽しいひと時もそう、


現物の価値が、シェアする価値があるか否かという
判断基準になりつつある世の中って、どうなんだろう。

  1. 2013/08/27(火) 17:16:38|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

中国のプロモーションアイデアのレベルは上がる一方





中国の企画。

「五月花」というトイレットペーパーとキッチンペーパーの
吸水性と強さを訴求するプロモーションアイデア。


いろいろな食品や飲み物から抽出した色で、
トイレットペーパー、キッチンペーパーに絵を描き、
展覧会にしてしまうというもの。


吸水性、紙の耐久性から水墨画に繋げた発想が素晴らしいと思う。


中国のCRもだいぶレベルが高くなってきているという印象。


とりわけ、プリント媒体とプロモーションアイデアは世界が見習う部分が多い。

  1. 2013/08/26(月) 13:55:27|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

お札に人は注目する




ブラジルのキャンペーン。

募金を集めるために、
コインランドリーに出す服に、
よく小銭とかお札とか入れっぱなしにしちゃうよね、

っていうあるあるを活用したというもの。


お札の見た目の募金を募るDMをこっそり仕込んで、
入れっぱなしにしていたお札と思って取ったらメッセージがあるという施策。


何ら珍しくないキャンペーンだが、

お札、って、やっぱりインパクトがあるんだなぁ
というところが印象に残った。


普段は捨てられちゃうDMに注目してもらう意匠の一つが、お札かもしれない。

日本だとお札ってデザインは非常にデリケートだから、難しいだろうけど。

  1. 2013/08/23(金) 18:58:23|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

JUST DO IT 25周年 広告




Nikeの伝説的タグライン

"JUST DO IT" 25周年記念の広告です。


実にNikeらしく、アメリカらしいメッセージですね。


それができるなら、これやってみよう、もっとやってみよう、
どんどんやろうぜ!!


JUST DO  IT


やっぱりものすごく強いタグラインだなぁ



  1. 2013/08/22(木) 18:22:07|
  2. CM スポーツ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

視覚障害を訴えるバナー




セルビアのWEBバナーキャンペーン。


突如自分が閲覧していたサイトが真っ暗になる。

視覚障害の方が持っているような白い杖が現れ、
その杖が触れた情報だけが断片的に聞こえてくる。


やっとのことでcloseボタンを見つけると、

“あなたが今体験したようなことで困っている人たちがたくさんいます。
 視覚障害者のため盲導犬募金を”


というメッセージが現れる。

疑似体験による訴求です。


新しいアプローチだと思いUP.

自分がいざそれに対面した消費者だったら、

多少邪魔に思うかな。



  1. 2013/08/21(水) 20:06:46|
  2. Webバナー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

大広場でのゲリラプロモーション




ストックホルムのIKEAのゲリラプロモーション

大広場の一角のアパートの窓から、
男が突然オペラを歌い出す。

歌詞はIKEAのプロモーションという中身。


既視感はあるが、ゲリラプロモーションとしては機能すると思う。

どこまでSNSに乗るかはちょっとわからないけれど。

このオペラの完成度がゲリラプロモーションの求心力に大きく反映されると思うから、
コンテンツはとことん本格的であるだろうなと思った。

日本でやってみたいね。



  1. 2013/08/20(火) 13:10:48|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

パーソナルな情報とOOHが反応する

Coca-Cola Personal Road from Gefen Team on Vimeo.




イスラエルのコカコーラのOOHによるキャンペーン。

コカコーラは

“Enjoy Coca Cola with "というキャンペーンを行っており、

イスラエルの人々の名前が書いてあるコーラを店頭で販売しだしたそうです。
日本だったら太郎、えみこ、はなこ、みたいな
一般的な名前がペットボトルに書いてあるって感じ?


このOOH施策はそのキャンペーンの一環として行われたもの。


アプリをダウンロードして自分の名前を登録しておくと、
設置してあるOOHがアプリに反応し、自分の名前を映してくれるというもの。


パーソナルinfoがOOHに反映されるという仕組みが何かに使えそう、
ということでUPですが、

まぁ、正直自分の名前が出ても「で?」って感じかな。


  1. 2013/08/19(月) 14:35:05|
  2. OOH
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

機能訴求をものすごい角度から





カナダの東芝のオンラインCM.


9月の入学シーズンに合わせて、
学校で使うデバイスに東芝製品を訴求するために、
学生に受けるような面白い広告を作ってくれ!
ってブリーフだったと推測できる。


タッチしなくても、タイプしなくてもコントロールできる
という機能訴求を、
「じゃあタッチしなくても、タイプしなくてもパソコンを
コントロールできなきゃいけないシチュエーションってどんなの?」

という発想から考えたであろうCM.


そのシチュエーションが突拍子もなくて面白い。


同じように機能訴求シリーズがあるんだけど、
以下二つは面白くなかった。



●スリープ状態でもUSBの充電ができる





●手書きのノートをデータ化できる





  1. 2013/08/15(木) 14:27:32|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

セナがよみがえる。



89年、鈴鹿サーキットでアイルトン・セナが
最速記録を達成したときの走行データ、エンジン回転数を基に、
鈴鹿サーキットのコースにスピーカーとライトを設置し、
セナの走りをよみがえらせたというもの。


ただただ、すごい。


最新の技術が、伝説をよみがえらせるなんてところにもロマンがある。
  1. 2013/08/14(水) 17:49:00|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

既視感があるような。。。





タイのワコールのCM

まぁ~世界中で話題になってますね。

そこまでか?とは思うのですが、


世相的に取敢えず乗せといた方がいいと思いましたのでUP.


ネタばれすると


豊満なバストを持つ女性が
メイクを落とし、おもむろにブラを取ると、
全然おっぱいが無い!

実は男でした!

というオチなんです。


要はペッタンコの男でも

豊満なバストが形成できるブラですよ

っていう訴求なのですが、

騒ぐほどあっぱれなアイデアでもないと思う。


既視感があると思ったのは、
恐らくこの広告によるもの。

TOYOTA Auris




  1. 2013/08/12(月) 15:39:18|
  2. CM 衣類
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ものが良ければ、素人でも広告できる



昨日FC2ブログ落ちてましたね。

困ったもんです。

昨日分も今日UPします。


先ずはこちら。





イスラエルのElite Cow Chocolateという
チョコレートブランド


コアアイデアがいい。



”チョコレート自体が素晴らしければ、誰でも広告できる”


ということで、一般の方にCMタレントとして出演してもらい、
実際にオンエアしちゃうというもの。




一般の方が参加するのなら、
もっと派手なCM演出にしたらもっとおもしろかったかもね。


でもこのコアアイデアは明快で納得感もあり、
今までチョコレートブランドが訴求したことない観点という意味でも
非常にいいと思います。



  1. 2013/08/09(金) 09:55:49|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

オチは読めるがかっこいい





POLANDのビールブランドLECHのCM


ビールのCMで、最初の数秒登場人物が止まっている
って時点でオチは読めるんですが、

ビールがベースのシールドを経由してる描写とか、
ギターに注入される描写がカッコよかったのでUP.


McCannのポーランドが制作。

  1. 2013/08/07(水) 14:02:48|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

いかに社会にとって「いいやつ」になるか。

docomo Aug 2013

docomo Aug 2013 2



docomoの広告。


東京・新宿駅で8月5日から「歩きスマホ」の
注意喚起を促す広告が出た。

久しぶりにしっかりとメッセージ伝達機能を
果たしているOOHだなと思い、UP.


何の目新しさも無いけれども、

タレント広告よりも

よっぽど世の中のためになっている広告であると思うし、

こういった広告活動の蓄積が
「企業人格」を形成していくと思う。




OOHからは少し外れるが、
商品での差別化が難しくなってきているなか、
企業がいかに人々にとって「いいやつ」になれるか
ということを考えた。


ソーシャルメディアによって、
人々と企業が直接対話可能な時代になった。

ソーシャルメディアというフィールドで捉えた場合、
例えばfacebookの友達のフィードと、企業のフィードは
同じタイムライン上に乗っかることになる。

情報発信のフィールド(タイムライン)上では、
企業のライバルは人々の「友達」だったりする。



見せかけではなく、
本当に人々にとって生活を豊かにする

「いいやつ」

になれるかどうかが、

今後企業にも、広告活動にも問われるのではないだろうか。


タイムライン上の企業は人間と一緒で、
出たがり過ぎても嫌われるし、喋らな過ぎでは忘れられる。

もっというと、そもそも
「友達」が発信する情報に比べて
「企業」が発信する情報は圧倒的に軽視されている。

ソーシャルメディアは本来「友達」と繋がる場であるからだ。


そう考えると、改めてソーシャルメディア上の広告は
なかなかチャレンジングな行為であるなと。


もう企業は嘘をつけないのだから、
どれだけ社会にとって、人々にとって
「いいやつ」になれるか。

デジタルプラットフォームの普及によって、
改めてアナログの価値が重要になると

繰り返し私が主張するのは、こういうことも一因だったりする。

  1. 2013/08/06(火) 14:48:20|
  2. OOH
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

アイコンは強い

IRON MAN NP


MARVELのミニマムな、
でも十分すぎる表現の広告。


IRON MANです!


アイコンって強いなー

  1. 2013/08/05(月) 12:35:48|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

世界初!アリによるデモ




カンヌ2013にて
Titanium and Integrated部門 Grand Prix for Good獲得した
The Ant Rallyです。


環境保護へのデモを働きアリにさせてしまいましょうというアイデア。


あほくさくて好きw
  1. 2013/08/02(金) 16:31:31|
  2. アワード
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

「ちょっと嬉しい」を作る




コロンビアのコカコーラが昨年のクリスマスに行った事例。

カンヌ2013ではショートリスト止まりだったようです。


ラベルをはがして紐を引っ張ると、
ラベルがプレゼントに貼られているような花飾りになるというもの。


触れるとちょっと嬉しいってアイデア、素敵です。
  1. 2013/08/01(木) 18:33:41|
  2. パッケージデザイン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0