世界のCM 世界の広告

ストーリー広告、今ってどうなんだろう。




コカコーラ片手に起こる、
淡い恋の物語のCMです。




ダイレクトに商品に落とすのではなく、
商品が纏いたい空気(今回の場合は若さ、爽やかさ)を
ストーリーいっぱいに繰り広げるブランディング広告。

長い目で見れば、このような空気作りが、
後のブランドイメージを構築するわけですが、
どうも最近この手のCMが、とくに欧米圏の先進国では少なくなってきている印象です。
(今回のCMはアメリカ、アトランタからですけど)


逆に中国、香港、台湾を中心としたアジアでは長尺のストーリーCMが
最盛を迎えている印象。

大げさなくらいなストーリー広告が刺さっているようです。
欧米と並ぶくらいの成熟市場の香港、台湾でも同じ傾向があることを鑑みると、
ストーリーCMを好むというのは文化的な傾向なのかもしれません。


話が変わりますけれど、このCMを制作した
Fitzgerald + Coのウエブサイトがとてもユニーク。

Macでリンクを開くと、けっこう驚きます。
http://www.fitzco.com/



  1. 2013/04/30(火) 19:32:14|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

世界一早いYoutube 広告

Volkswagen Golf GTI - "Click if you can" case from DDB España on Vimeo.




Youtubeの5秒の強制視聴広告、うざいですよねぇ。

そのウザさを逆手にとって、
5秒がウザがられるなら逆にもっと速くしてやれ!

というのが今回の広告。

速すぎて逆に気になっちゃう、そこをバナーで拾っていくという手法。


DDBスペインですね。


今日まで出張かつ明日からまた海外ですので、
次の更新は四月の終わりまでお預けの予定。
  1. 2013/04/25(木) 19:59:35|
  2. ソーシャルメディア
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

会社に来るのが楽しくなりそう



ブラジルにあるRock音楽のFMチャンネルの、指紋認証によるゲートの施策。

人差し指じゃダメ、
Rock!のホーンマークで指紋認証をしないと、
このROCK FM局には入れないぜ!


おもしろい!
  1. 2013/04/19(金) 18:53:34|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

スクロールに見る、広告表現の可能性



カナダでTront Silent Film Festival 2013というのが開催され、
その告知として展開されたInstagram上での広告です。

大量のカット割りの写真をスクロールしてみていくと、
パラパラ漫画のように動くというもの。


Instagramというプラットフォームというよりは、
スクロールするという行為に広告表現の可能性を見るような、
そんなアイデアです。



ちょっとそれますが、Social Mediaによる広告って、
なんでもFree Platformでできる分、お金を稼ぐのが難しい。

ただ、勝手に拡散されるようなよっぽど面白いアイデアでなければ、
マス媒体に載せない限りこういったアイデアはそもそも認知されないわけで、
改めてマスって言っても大事だなぁ、と思うわけです。

  1. 2013/04/18(木) 15:22:16|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

日本の技術はまだまだ捨てたもんじゃない。



これはすごい。

実世界平面媒体をタッチパネルのように操作できるという技術。

近い将来、
例えばこれが雑誌広告に、新聞広告に使えたら...。


日本もまだまだ捨てたもんじゃない。
  1. 2013/04/17(水) 13:39:11|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

「まるで」の可視化




Facebook homeのCM。

これもある意味可視化なのかもしれませんね。

あえて新しくいうとすると

「まるで」

を可視化したタイプ。



Facebook homeを使うと、まるで
隣で起こっているかのように、
友達の近況を身近に感じることができる。


これを可視化したというわけですな。

  1. 2013/04/16(火) 09:40:50|
  2. CM インフラ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ホログラム3D広告




Nike アムステルダムでの屋外広告。

3Dホログラムで靴のフレキシビリティを訴求。

機能訴求としては正解ですが、
想定される予算に対してのインパクトはどうなのかな、
というのが正直な感想。


こういうテクノロジーもあるのだという備忘録。
  1. 2013/04/15(月) 18:14:50|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

香港のアプリ活用例




去年のカンヌで相当古い事例ですが、
個人的な備忘録として。


Coca Cola HKの CHOK
というアプリ。

毎日10時に流れるTVCMの時間に、
このアプリを起動させて振ることによって、
クーポンや商品がもらえるというもの。


TVCMとアプリの連動の香港における
非常に評価が高い成功例として有名。
  1. 2013/04/12(金) 11:26:25|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

可視化とCMの構造を改めて考えてみる。




フィリピンの頭痛薬 SaridonのCM.

"For Persistent headache"
(いつまでも続く頭痛に)


ADFEST 2013
のフィルム部門GOLDでした。



映像の強さって、
やっぱり“可視化"なんでしょうかね。


構造としては、


 ”何?(5~6秒)”
   ↓
映像+コピー=答え合わせ(5秒)
   ↓
コピー+商品=“あーなるほど”(5秒)


“何?"が本当に気になるか、もっと見たいと思わせるかが、
特にネット上では映像を飛ばされないためには大切。

そして”あーなるほど”が
予想外であればある程、おもしろく感じるのでは。



世界のCMフェスティバルが好きそうなCMだなぁ、
と思いました。
  1. 2013/04/11(木) 14:04:34|
  2. CM 化学
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ウユニ塩湖がキーのCM




ウユニ塩湖でのロケ、羨ましいです。

それだけ。

ウユニ塩湖の映像だけで意外と
まだアイキャッチとして成立するんですね。


旅好きの中では圧倒的知名度だけど、
一般の人々の中ではそこまで知られていない、
ってことでしょうか。



しかし実際に北野さんをウユニ塩湖まで
連れていけたのがすごいですね。




ウユニ塩湖、また行きたいです。
  1. 2013/04/10(水) 13:23:21|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

サッカー中継中に起こるある驚き




既に各方面の広告系サイトで話題になっていますが、
これはすごいです。


WWFがブラジルで女子サッカー中継中に行った広告。


メッセージは

「ブラジルでは4分間でサッカーフィールド一面分の森林が失われています」
「WWFの公式サイトで、詳細をご覧ください」


その通りに、4分間かけて中継中のサッカーフィールドが
茶色く朽ちていく合成が行われるというもの


単純に驚きが注目を生むし、
「なるほど、やられた」感がすごくある。
  1. 2013/04/09(火) 13:17:47|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

コピーの論拠としての映像を考える。








FIAT、イタリア車の広告です。

みんな、オリジナルのパーツを使ってね
という訴求。


JUST ON
NON-ORIGINAL PART
CHANGES
THE WHOLE STORY.

たった一つのパーツが、
物語全体を変える
 ↓
たった一つのパーツが、
FIATの世界観を台無しにする
 ↓
だから、
純正パーツ使おうね

というアイデア。


うーん、15秒でも面白い。


映像=コピーに対する論拠

つまり、

コピーをまず考えて、
じゃあそのコピーに対して

「なぜならば、」

とか、

「例えば」

という発想方法によって、
この論拠を成立させていくのでしょうか?

でも、映像のアイデアが思いついて、
「つまり」
というまとめとして
コピーが発想されたとも考えられる。


う~ん、とにかく、
いやはや、切れ味抜群です!
  1. 2013/04/08(月) 20:05:02|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

なんでもメディアになる。




Wifiのネットワーク名を広告にするというアイデア。


一昔前、「大塩平八郎のLAN」ってネットワーク名が流行りましたよね。
  1. 2013/04/05(金) 18:09:17|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

3Dプロジェクションマッピング



今回は広告というか、
新しい表現手法についてです。


New York International Auto Show
というモーターショーにて、
VW Golfの2015年Versionの
発表が行われました。

その手法が何と、
3D プロジェクションマッピング。

おそらく実車に布をかぶせて
3Dのスクリーンをまず作り、

その上に3Dのプロジェクションを
投影しているのですが、
クオリティがとてつもなく高い。

2Dで書き起こしたデザインが
3Dで実車になるという感覚、
(絵にかいた餅が実際の餅になる)
これは新鮮ですね。
  1. 2013/04/04(木) 16:58:12|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

「運」の可視化。




California Lottery PowerballのCM.

「運」の可視化。

可視化も色々。
  1. 2013/04/03(水) 17:13:34|
  2. CM
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

「ふふっ」っと笑えるバカバカしさ





日本の日清 カップヌードルのCMです。

単純に面白いですね。

英語公用語化 という「現代風刺」によるサラリーマンの

「そう!そうなんだよなぁ~、英語が公用語って、
 どういうことなんだっていう、ねぇ!」
 という哀愁漂う共感と、

「オーバーな表現」が
 何とも言えない良いバカバカしさを生んでいます。

論拠まで問えば、何でそもそも
カップヌードル=SURVIVEなの?
みたいなところまでいっちゃいますが、
最近の広告は論拠とか結果とかに縛られ過ぎて、
結局表現が凡庸になってしまっているのかもしれません。

間違ってもいないけれど、ホームランでもない。

三振するくらいならひたすらバントして、
確実に出塁しよう、という安全な表現というか。


CMって本来こうやって、
「ふふっ」っと笑えるバカバカしさがあって
人の言伝に乗るもんだったよなぁ、
と思い出させてくれるCMでした。



  1. 2013/04/02(火) 10:25:16|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

今っぽい施策



LIVE x GoPro (っぽいもの) x Facebook x Wifi

と、非常に今っぽい施策だったのでUP.


ライブアクティベーションって
やっぱりテンション高い人が相手だから
インパクトがある、気がする。
  1. 2013/04/01(月) 16:12:23|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0