世界のCM 世界の広告

スーパーボウル2013のCM KIA




KIAの北米でのCM.
今年のスーパーボウル2013のCMのひとつですね。


「共感」
-子供に「赤ちゃんはどこから来るの?」と
 気まずい質問をされるという経験

「ストーリー」
-お父さんの無茶苦茶な作り話

    ↓

子供「でも友達が赤ちゃんはお父さんとお母さんが」
お父さん「UVO, PLAY "Wheels on the bus"」



"It has an answer for everything"
(全てに対しての答えがこれに)

まあ、けっこう機能訴求へのつなぎが無理矢理ですけど、
その前段のストーリーが面白いのでw

スーパーボウルのCMだけあって
ストーリーの面白さが勝負どころなんでしょうね。

CMとして一本できれいにまとまっているものよりは、


その後「あれおもしろかったよね~」と話題になるかが
ポイントな作り方な気がします。
  1. 2013/01/31(木) 15:13:02|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ゲリラプロモ+機能訴求を大げさに




TOYOTA EUの広告。
2011年のもので、ちょっと古いですね。

フラッシュモブ的な、厳密に言うとフラッシュモブではなく、
草間弥生のハプニングみたいなゲリラ広告手法ですね。

最近で言うとTNTがやったやつみたいに、
街でのパフォーマンスをPR+CMにするという手法。


広告コアアイデアとしては、

「とにかくたくさん積める」
という機能訴求を大げさにしたというもの。

機能訴求を大げさにする
→サプライズ
  1. 2013/01/30(水) 10:11:47|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

いいことを描く=いいCMとは限らない




Coca Colaのグローバルキャンペーン
“Open Happiness"シリーズはけっこう好きだったんですが、
ちょっと失速してきたかな、と今回のCMを観て思いました。


いろんな形で世の中にHappinessを提供している人たちを紹介する、
ここはわかりますし、Open Happinessの文脈にも沿っていると思います。

しかし後半、彼らが突拍子もなくColaを飲み始めたところから、
メッセージのブレが生じてきているような。


以前紹介した
これとか
これとかは、


人 → コカコーラ → 幸せ

という風に、コカコーラが介在することによって
人が幸せになるというプロモーションやCMを展開していました。

しかし今回は

幸せ 人  (いきなり)コカコーラ


といった感じで、
「コカコーラが後付けされているんじゃないの?」
「Happinessを提供している人々に乗っかってんじゃないの?」

という印象がある。


タグラインの
“Are you crazy enough?"
(あなたもクレイジーですか?)
(いい意味でぶっ飛んでますか?みたいな日本語化しにくいニュアンスですね。)

まあ言おうとすることはわかるんですが、
それを実際やってるのはコカコーラじゃないんだから、
あなたにに言われたくないよねwという。



あとは既視感、「もういいよ」という感じが
残念ながらでてきてしまったような。

これは長く続いたキャンペーンならではの宿命ですね。



コカコーラにも次なる一手が必要か。
  1. 2013/01/29(火) 10:15:51|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

子ども科学博物館みたいなアプローチ




WWFのiPadアプリ

インタフェースのデザインがとてもいいですね。


こども科学博物館みたいな、

「楽しく学ぼう!」のスタンスは、
難しい問題や事柄をスッと理解してもらえる力がありますな。
  1. 2013/01/28(月) 14:25:40|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ブラウザも育つ




IEのCM.

コピーがすごくいい。


"You grew up. So did we."
(キミは成長した。ボクらも。)


Child of the 90s。
(九十年代の子供たち)に向けたメッセージ。
IEも九十年代の子供たちのひとりだよ、という共感、
共に成長してきたというメッセージ。
  1. 2013/01/25(金) 15:44:10|
  2. CM 通信
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

費用対効果...。



オーストラリアのマクドナルドの施策。

Appをダウンロードして買った商品のバーコードを読むと、
GPSで購入した店を解析し、マックのサプライチェーンシステムから
生産地、生産者の情報がARをふんだんに使った映像で提供されるというもの。

すごいけど、
そんなAppにお金かけるほど
みんな材料について知りたくないんじゃない?

楽しいけど、そこまで金かけんのもなぁ。
  1. 2013/01/25(金) 14:57:31|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Life of Pi ライフオブパイ の世界へ




フランスのキャンペーン

Life Of Piの公開に際して、フランスで行われたのが、

ボートで漂流する主人公Piにちなんで
ボートに乗りながら映画を見れるというもの!


「体感」ですね。

素晴らしいです。




Life Of Pi
個人的に見ましたが、ものすごく面白い映画です。


映像もきれい。ストーリーも深い。
キャストもいい。音楽もいい。

是非ともご覧ください。


  1. 2013/01/24(木) 16:01:18|
  2. お気に入り
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

わかりやすい!居眠り防止

$世界のCM 世界の広告


VWの広告。

居眠り防止システム付き車両。


わかりやすい!!
  1. 2013/01/24(木) 09:49:16|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

バーコードというターゲティング



これ、相当いいです。

ブラジルのBritish Airwaysの広告。


課題は、ブラジルの人はBritish Airwaysは
イギリス行の就航便しかないと考えていることで、
実は様々な目的地に就航していることを
認知しもらいたいというもの


そこで、旅行に興味関心を持っている人々に向けて
訴求をしたいと考える。


さて、どうやって?


その解決アイデアは、
旅行雑誌を手に取る人へ向けてのメッセージ

   +

思いもよらぬ方向で


ブラジルの書店には、バーコードを読み取って
金額を確認するバーコードリーダーがある。

旅行雑誌の金額を確認しようと旅行雑誌を
リーダーで読み取ると、

「ローマへの旅行を考えていますか?
 British AirwaysならUS$ 900でローマまで行けます!」

というメッセージが表示されるというもの




まず、金額が出たと思ったら

US$ 900  雑誌なのにべらぼうに高い。
ここでびっくりさせて、

伝えたいメッセージを表示。

これでなるほど!と思わせる。


意外なところでメッセージを表示させることで、
強く印象に残る仕組みを生み出したというわけ。


もう一点、この広告は非常に
上手なターゲティングができている点が秀逸。


要は、「旅行に興味がある人」限定で、
狙ったターゲットに確実に当てることが
できているということ。


コストもそんなにかからなそうだし、
とにかく素晴らしいです。


バーコードにはジャンルという情報が入っているから、
今後ターゲティング要素となりうる可能性がおおいにあるなぁ、
と思いました。

やるなぁ、isobar!
  1. 2013/01/24(木) 09:36:36|
  2. お気に入り
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

アナログの価値、ユニークさ



ロンドンの事例。

これなかなか面白い。

ディズニーがゲームキャラクターたちを主人公とした
3Dアニメ映画「Wreck-It Ralph」

の宣伝のために、ロンドンの通りを「8ビット」にしてしまったというもの。




世界のCM 世界の広告



世界のCM 世界の広告



世界のCM 世界の広告



最近、ハイテク化していく世の中において
アナログの価値がどんどん上がっていっている気がしてならない。
  1. 2013/01/22(火) 16:31:49|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

クリボーの一生




『光が当たらないものに光を当てると、
 そこに物語が生まれる。』

すごいヒントな気がする。





MACHINIMA INTERACTIVE FILM FESTIVAL

というアワードの作品のひとつです。
  1. 2013/01/22(火) 15:09:51|
  2. アワード
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

これだけしか持ってはいない!!な世界



イタリアトヨタのCM.

車のパートまではおもしろい。

絶対的な王様が、

今後はこの曲だけしか聴いてはいけない、

この電話だけしか持ってはいけない、

このペットだけしか飼ってはいけない


という通達をした場合の世界を映像化。


ここはいいんだけど、

何でAlternative(別のもの、代替案)が
あってはいけないの?

→車


このつながりが唐突すぎるかな。


でも前半のアイデアにポテンシャルがあると思ったのでUP


  1. 2013/01/21(月) 13:46:15|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

手書きだよ手書き!



UKのマクドナルド。

このアイデアがいい!

手書き背景のアニメーション。
  1. 2013/01/18(金) 14:04:44|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ドキュメント風のおもしろフィルム



Samsungの洗濯機のWEB CM.アメリカから。


「ドキュメント風にアホなことをやる」
というフォーマットはいいかも。

クローバーフィールドみたいな?
  1. 2013/01/18(金) 13:47:22|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

月曜日も、憂鬱じゃない!




STARBUCKS UKのCM.

月曜日って憂鬱

  ↓

月曜日もいいじゃん!

とネガティブな印象をポジティブに変換するCM.

  1. 2013/01/17(木) 13:58:59|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

You'll learn

ナイキゴルフのCM

単純に見て面白いですよね。




タイガー・ウッズとローリー・マキロイ(今強い人らしい)の
子供っぽい戦い。


発想の仕方が参考になる。

世界トップのゴルフプレイヤー

   ↓

どんなカップも落とす

   ↓

どんなカップも落とす?

   ↓

No cup is safe
(安全なカップなんてない)

   ↓

あらゆるカップに二人がボールを入れていく

   ↓

その"あらゆる"ぷりがきわめて自由
(=ここの遊び心がアメリカっぽい)

   ↓

最後にマキロイが水を飲もうとすると、
タイガーのボールが既に入っていた。

[マキロイ]
How'd you do that?
(どうやってやったの)

[ウッズ]
You'll learn.
(今にわかるさ)


この最後の二人のやり取りがすごくいいですね。


タイガーの一言が痺れる。

ベテランから、気鋭の選手に向けての
威厳の表明、世代のバトンすら感じます。
  1. 2013/01/15(火) 11:25:42|
  2. CM スポーツ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

世界のCMフェスティバルで好きだったCM一覧

今更感が半端じゃ無いのですが、昨年行った世界のCMフェスティバルからお気に入りを。
(とはいえ後半爆睡してましたので、主に前半から。)


機能訴求を面白く





カメラの視点がいい



チャーミングな比較広告


小難しいこと、機能説明は可愛い子ども(動物も)に
代わりに言ってもらうと、そのミスマッチがとたんに面白くなる。


日本じゃ絶対無理。でも男の目をキャッチするには大成功。


なんだっけ。。。



コレ相当好き!!!Webのウザさを擬人化



2D→3D かっこいい!



女性を見過ごしてるを、ユニークに伝える


コンタクトレンズの広告
”もしなかったら”のある種の恐怖訴求


実は嫌いなのにね。
前半で”なんだろう?”を生むのがポイント


サイドアシスト


見事な皮肉広告。元ネタの知名度が抜群なので、更に効く。


コレ相当好き。子供ってホント面白い


TOYOTAもやるじゃないか
"Re-invent"からの発想の拡大。ピザが好き


機能訴求が良かったんだけど、コピー忘れた。


  1. 2013/01/13(日) 12:08:16|
  2. CM
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

一風変わったドネーションの集め方。



スウェーデンのホームレス保護団体の広告。

ホームレスの人が寝泊りをしそうな場所を
ホテルと同じようにオンラインブッキングできるページを開設し、
自分で実際にオーダーで来たり、
Facebookで友達にプレゼントできる。

支払われた金額がホームレスの支援金として募金されるという仕組み。



ホームレスの方々への募金を
普通に呼びかけるよりもユニークで募金は集まりそうですが、

なんだろう、この異常なまでの暗さは。


もっとトーンが明るいフォーマットでこの仕組みを作ったら...。

それはそれで
「ホームレスの人々をバカにしている!」という反論がわきそうだし、

ただあまりにお涙ちょうだいのフォーマットにするのもなぁ。。。


このくらいの温度感がギリギリって感じなのでしょうかね。


いずれにしろ、募金を集めるという目的に対しては
機能しているので良いと思います。

  1. 2013/01/11(金) 17:46:28|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ここまでしてでも乗りたくなる。




メルセデスのCM.

ここまでしてでも乗りたくなる、という単純な訴求内容。

ここまでしてでも乗りたくなる、の"ここまで"を
これほど膨らませたことが秀逸。



乗り心地



何としてでも乗りたくなる乗り心地
(商品のセールスポイントを極限まで大きくする)



じゃあ何としてでも乗りたくなる、
っていうのが伝わるようなストーリーは



ここまでしてでもっていう、ね。




ここまで、、、、、



このストーリー



  1. 2013/01/10(木) 18:43:44|
  2. CM auto
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

交通安全

世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告



今日はいまいちですかねー。


運転中のメールによって命を落とすケースを防ぐための広告。

LOL (Laugh out loud)
日本でいうwwwww


といったネットスラングを道路の御供え物で描いたもの。


うまいと思うけれども、突出したものはないかなぁー
  1. 2013/01/09(水) 19:00:48|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

久々に、「なるほどねぇ~」と思える広告

世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告


これはいい広告ですねー。

インドのWorld for Allという動物保護団体の広告。

オグルヴィの制作です。


タグラインは
Dogs cure depression. Adopt one.
(犬は鬱を和らげる。里親になりましょう。)

完全なる機能訴求。


でもビジュアルと相まって非常に納得がいく。


腹落ち

の典型。
  1. 2013/01/08(火) 16:12:31|
  2. 音楽
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

モバイル=ひとり





明けましておめでとうございます。

何人いるかもわからない読者様、今年もよろしくお願い致します。


仕事始めの一発目はこちらです。


AKQAという最近話題のクリエーティブエージェンシーによる、
モバイルを使ったオーケストラ。

http://www.mobileorchestra.com/

こちらのサイトに友達とアクセスすることで、
持ち寄ったモバイルデバイスでオーケストラができるというものです。


昔ペアムービーと蚊が話題になりましたが、
複数のモバイルをリンクさせるっていうのは新鮮かも。


モバイル=ひとりというカウントの発想がいいですね。
  1. 2013/01/07(月) 19:36:53|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0