世界のCM 世界の広告

Solution for you




この少女のような広告人になりたい、ということで
今年はここまで。


私のブログを読んでくださっている方々、ありがとうございます。

来年度も何卒よろしくお願いいたします。

  1. 2012/12/27(木) 23:14:33|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

日常を一部だけ変える。



ポーランドのPezetという人のMV.


網の一部を別の画像に変えるというアイデアが新しいですね。

「一部だけ変える」と、普段見ている世界が新鮮に見える。


いい手法だと思う。
  1. 2012/12/26(水) 15:11:42|
  2. 音楽
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

キーホルダーでの訴求

世界のCM 世界の広告


HOT WHEELS (ミニカー)のインドでのコラボ広告。

飲酒運転防止の施策として、あたかも事故に遭ったかのような
HOT WHEELsをキーホルダーにして、バーにはいる人たちに配布。

コピーは

 EVEN A SMALL DRINK IS ENOUGH
(ちょっと一杯も[事故に遭うには]じゅうぶん)

これの良い点は、キーホルダーになっているところ。


車のカギにつけてもらったら、
その都度メッセージが伝わるのではないでしょうか?

そんなうまくいくかはさておき。
  1. 2012/12/25(火) 13:19:33|
  2. 販促物、アイテム等
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

スポーツの力




アメリカのESPNというスポーツチャンネルですね。


マイケルジョーダンという名前ゆえに勘違いされ、
会う先々でがっかりされるという悲劇。


タグラインは
It's not crazy, it's sports.
(クレイジーなことじゃない、これこそスポーツ[の力・魅力]だ)

これくらい人々の心に焼きつくのがスポーツの力であるというCMですね。


イマイチ、そこまで繋がるのかな~と思いつつ、
面白いので話題性喚起の効果はありと思い、UP.
  1. 2012/12/21(金) 10:03:24|
  2. CM 放送
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

アナログの力。

  1. 2012/12/20(木) 13:30:33|
  2. 音楽
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

サンタ?ただのサンタじゃないよ

$世界のCM 世界の広告


Paris Disneylandのクリスマス広告。


真ん中に注目。


正直、一瞬では伝わらない。

「あ、サンタね。」

でも右下のDisneylandに気付いた人には、
謎解きが待っている。

「え?なにがディズニー?」

  ↓

真ん中に注目

  ↓

あー!なるほど!
  
  ↓

といった感じ。



広告として伝達機能が正直△ですが、
ボクはディズニーびいきなのでw
  1. 2012/12/20(木) 09:30:31|
  2. Print
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

比較広告ってむずかしい。






アメリカです。けっこう前の広告ですけど、
Samsung Galaxy S Ⅲのビデオ。

今年最も見られたYoutube上の広告の4位くらいに入っているそうです。


iPhone 5のために、
アップルストアに長蛇の列を作る人たちを皮肉りつつ、
GalaxySⅢの機能訴求をしているわけですね。

タグラインがポイント。

"The next big thing is already here."

直訳が難しいのですが、
スタンスとしては、


(いや、すごいとか革新的とかいうけど、そんなのここに既にあるよ)
という感じでしょうか。


この広告、比較広告としては非常によくできていると思います。


競合企業をここまでわかりやすく比較できるのは

アメリカ市場の特殊性ではありますけどね。

選挙戦でもう一人の候補をものすごいDisったり、

SUBWAYがビッグマックのアホみたいなカロリーを辛辣に言ったりと、

日本ではJAROだのACだのが出動して、とてもできませんね。






脱線しましたが、とにかく、比較広告として、
機能でいえばこっちの方が優れているというのが非常にわかりやすい。

家電のように機能重視の訴求であれば有効な広告手段だと思います。





ただ、心情として、やはり他社を下と表現するのは、
蓄積される機能イメージとしては宜しくない。



だってそうですよね?人の悪口を言うやつは最後は嫌われますから。




それともう1点、これはAdageなど広告有力誌でも議論に上がっていましたが、


”Appleをライバルと見なすことで、これって結局
Samsungを追随者だと自ら言っているようなものではないか?”という点。




変にAppleを比較対象にすることは、
AppleはSamsungの目の上のたんこぶのように、
常に自分たちの一歩先を言っているということにならないか

だったら、
よそはよそ、うちはうちのスタンスの方がいいのでは?という声もあります。

まあ、昔Apple自身もPC vs MacってCMをやってますけどねw








これが嫌味じゃないのは、恐らくそのやり取りが
コメディタッチで、いい意味で"小バカ" だからですかねぇ...。


だから今回のCMも、直接セリフにするよりは、GalaxySⅢの機能によって、
こんなにスマートに、便利になってるよっていうのを、
iPhoneを使ってトチっている人の横で展開する

とかにした方がマイルドだったのかもしれません。



いや、むしろ辛辣な言葉だからこそ人の耳にざらついて、
残ったのかもしれませんね。

う~ん難しい。



ホントに嫌味にならず、他社よりも優れていることを表現できる機能訴求なんて、
そんなのできんのかなとも思いますけど。
  1. 2012/12/19(水) 16:21:48|
  2. CM 通信
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

UnlimitedなNYへの愛、Sprintのデータ通信



SprintのNY Times SquareでのリアルタイムOOHキャンペーンです。


NYにはUnlimitedに愛すべきものがある。

それをハッシュタグを付けてツイートしてもらい、
それに対してSprintが(人力で)リアルタイムに答えていく。



例えば「Jazzが好き!」というツイートに対して
「NYのオススメジャズクラブ」が
タイムズスクエアに表示されるという感じ。




Twitterのリアルタイム更新を、
その場の体験に昇華するっていうのはワクワクしますね。

ニコファーレが街に出てきた、って感じかな。
  1. 2012/12/18(火) 10:11:21|
  2. OOH
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

MISS A SECOND, MISS A LOT.







マイアミショートフィルムフェスティバルのCM.

コピーがいいなと思っただけですが。

MISS A SECOND, MISS A LOT.
(1秒を逃すと、たくさんを逃す。)

そんなアホな、ってなって、それをそのまま
たくさん逃しているCMにしてしまうという、ね。


でかい(おおげさな)表現のコピー

  ↓

そんなアホな

  ↓

を映像でそのまま表現してしまう、

って結構見るかも。
  1. 2012/12/17(月) 15:44:56|
  2. CM 映画
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

豪華なものと比べる。



Turkish AirlinesのCM.

まー豪華な使い方ですね。

「Turkish Airのサービスは、コービーにもメッシにも勝る素晴らしさだ」

という訴求ですね。


豪華なものを比較対象にして、
それよりもいいんだよという訴求は、
実はあまり見ないかもと思いUP。

あ、贅沢微糖のCMも似たアプローチでしたね。

  1. 2012/12/13(木) 20:28:19|
  2. CM 運輸
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

まちでやろう!



360i という電通傘下のデジタルエージェンシーの
ホリデービデオレターを兼ねた社内活動。

#twitterwonderlandというハッシュタグをつけて
tweetをしてもらうたびに、$5をハリケーン被害のための募金にします!
という取り組み。



街でやればいいのに。

そしたらもっとtweetされるし、写真もアップされるし、
donationも増えるはず。

CSRと広報を兼ねた仕組み自体は面白いと思います。
  1. 2012/12/12(水) 23:34:25|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

機能を使って、どうやって消費者がハッピーになるか。




これもいいCMですね

SONY ハンディカム 
プロジェクターがついているヴィデオカメラのCM.

プロジェクターがついている

   ↓

◎プロジェクターという機能を使って、
 どうやって消費者がハッピーになるか

   ↓

友達のメッセージを投影
パパのメッセージをケーキに投影

◎ここの起点が非常に大切。
ここが思いつくかどうかでCMの良し悪しが決まる。
  1. 2012/12/11(火) 12:03:57|
  2. CM 機械
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

サーフィン雑誌!

$世界のCM 世界の広告


Amouage Surf Magazineというモロッコの
サーフィン雑誌。

サーフィン雑誌!って1秒でわかる素晴らしいアイデア!
  1. 2012/12/10(月) 11:43:09|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

auのCMがいい。




auのCM.

すごくいいですね。



動画の概要として、

「au 4G LTE」によってもたらされる革新的な新しい世界を、
スマホによって思いのままにコントロールする、この企画。

とありましたが、
まさに、商品がもたらす新しい世界、
それを実際の街で表現した点が素晴らしいです。



こういうのできるのに、なんで巨人の星とかやってたんだろう。

「なんだ、auメッチャいいのできんじゃん!」ってw
  1. 2012/12/07(金) 11:46:17|
  2. CM 通信
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

FUEL FOR FANS




FUEL FOR FANS
(ファンのための燃料)


あまり説明しない方がいいCMですね。


構造は、

ん?なんだろう?この変なの

  ↓

あー、なるほど、ウケル!
  1. 2012/12/06(木) 16:40:14|
  2. CM 放送
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Social Media Revolution




ソーシャルメディアとは?今世界でどのような状況になってるのかがわかるムービー。


どえらいことになっています。
  1. 2012/12/06(木) 13:58:41|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

バスケ的クリスマス



NBAのクリスマス特別のジャージの発売を告知するCM。

ドリブルでクリスマスソングを奏でるってステキ。

  1. 2012/12/05(水) 13:50:07|
  2. CM スポーツ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

NYのプロジェクションマッピング




ニューヨークのプロジェクションマッピング。

クオリティがすごいですね。

今でこそ新しいですが、
プロジェクションマッピングの賞味期限はいつまでだろうか、
というのが正直なところです。
  1. 2012/12/05(水) 12:40:55|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

デジタル→アナログ



これがほしいと思われるか、そうでないかの判断は難しいです。


一度にたった6枚しかスライド化できないとか、
そもそもわざわざスライド化するのかとか、
色々な議論があるかもしれません。


一つ思ったのが、
このプロダクトには新しい価値の可能性があるな、ということ。

すなわち、

今までよしとされてきた価値が

アナログ→デジタル

であったものが、今後は

デジタル→アナログ

になるのでは。




前もこんなケースを紹介しましたが、
だんだんと信憑性が出てきたような。
  1. 2012/12/04(火) 17:53:10|
  2. New Media
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

○「もしも...」という発想方法



これ、相当いいCMです。

武蔵野銀行という地方銀行のCM。

着地点となるタグラインは
「やっぱりいいね、地元って。」
=地元に密着した銀行ってやっぱりいいです
というメッセージです。

そこに腹落ちるまでの発想が素晴らしいです。

ポイント:もしもという発想


「もしも人に、うそ発見器がついてたら」
     
      ↓

日常の他人の言葉が、針が動くうそだらけだとわかる。

日常でみんな腹の奥では
「思ってないくせに、どうせうそでしょ」
という本音が露呈される。
  
      ↓

そんな世界にがっかりするなか、
久しぶりに地元の友人に出会う。

      ↓

言われる話題は服装がダサいとかではあるものの、
その友人たちのうそ発見器の針は揺れない。

 
      ↓

やっぱりいいね、地元って。


地域密着、地元で展開する銀行ならではの良さを、
地元=気が置けない友人を介在させて表現する点。


何よりも、それを「もしも」という合言葉を基に
可視化したこと。


素晴らしいです。
  1. 2012/12/03(月) 09:36:14|
  2. お気に入り
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0