世界のCM 世界の広告

メガネいらずの3D

世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告


TOSHIBA SPAINの広告

こちらもカンヌ2012 プレス部門


そしてブロンズなんですねぇw



メガネいらずの3D

まるで目に3Dメガネが埋め込まれているような。。。



  1. 2012/06/29(金) 12:15:00|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

観光地は氷山の一角


世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告


中国の旅行代理店 TUIというところの広告。

これも今年のカンヌからですね。

Press部門の、またしてもブロンズ。

ブロンズの広告、いい仕事してるんだよなー。


国の一部(観光地)だけが
水面から出ているというデザイン。


コピーは
Travel more, see more

(もっと旅行して、もっと見て。)


シンプル!

確かに!

なるほど!


一発で伝わりますね~すごい!
  1. 2012/06/28(木) 22:32:27|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Hot Wheels Vintage Collection

世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告


最近平面メディアの表現が面白いんですよ!


これは、インドのHot Wheels(ミニカー)
Vintage Collectionの広告です。


ヴィンテージだけにね。



なんだろう、この心をコチョコチョくすぐられる感じ!

すごく好きです。


カンヌ2012プレス部門でブロンズです。

ブロンズ止まりなんだよなぁ。

  1. 2012/06/27(水) 14:48:40|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ふと

良い広告の要素がわかった、きがする。


備忘録
  1. 2012/06/26(火) 22:35:25|
  2. つれづれ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

evoSPEED PUMA CM




PUMA USAです。


タグラインは
「evoSPEED. Run at the speed of Bolt.」

(evoSPEED. ボルトのスピードで走れ)

ですね。



僕だけかもしれませんが、訴求内容がくっきりしないような。。

世界最速の男、ボルトのスピード(つまり誰よりも早く)走れる靴、
ってことかな?


ただタレントを使うのではなく、

アイデアxタレント

という使い方をしてるのがいいなぁと思ったので、UP。


エージェンシーはDroga5かぁ。
  1. 2012/06/26(火) 14:15:10|
  2. CM スポーツ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

驚異の吸水力

世界のCM 世界の広告
世界のCM 世界の広告


タイから、吸水力抜群のスポンジの広告。


これ、上手だなぁ~。


まるで排水溝のように、こぼれたものが無くなっちゃうくらい
吸水力抜群ですよ、という訴求。


優れたアイデアであれば、平面の方がズバっ!!と伝わりますね。


見てすぐ、あー、おもしろい!ってなるのがいいですね。
  1. 2012/06/25(月) 18:41:31|
  2. 平面媒体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

待ち時間 x マック




ポーランド ワルシャワ

駅にあるマックに人を招致するプロモーションアイデア



電車の時刻表の隣に、「Enough to EAT」

(これらを食べるのに十分な待ち時間)

という記載を追加。


長い待ち時間ほど、多くのマックを食べる時間があるよという
メッセージですね。


みんなが必ずチェックする時刻表だからこそ、
こういう意表のついたチャーミングなメッセージは届きやすいです。
  1. 2012/06/22(金) 21:02:06|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Coca Cola Cannes 2012 Outdoor Grand Prix

$世界のCM 世界の広告



今年のカンヌアウトドア部門のグランプリ



すごい。


Coca Colaの Open Happinessというグローバルキャンペーンにも文脈としてあってるし、


なによりこんなにシンプルに

「コーラは人をつなぐ」ことを表現したことが合っただろうか。





$世界のCM 世界の広告



スティーブジョブズが亡くなった直後、
世界中に広まったこのデザインを覚えているだろうか。


じつは今回のコーラのデザインも、このコーラのデザインも、
同一人物がデザインしたものなのです。



しかもそのデザイナーは香港に住む、若干20歳(!)の学生なのです。


Jonathan Makさんという方らしいが、恐ろしい才能だわ。
  1. 2012/06/21(木) 09:49:32|
  2. お気に入り
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Shop Small Saturday プロモーションで国民の日が制定される!



カンヌライオンズ2012
(世界でもっとも有名な、クライアントの悩みを解決するアイデアの祭典)
広告のアカデミー賞みたいなもんです。

が、開催されてますねぇ。


こちらのAmerican Expressの施策、すごいです。

今日の時点でPRとPROMO & ACTIVATIONのグランプリを受賞してます。

たぶん他の部門ももっと取るでしょう。


さて、この施策、何がすごいって、

カレンダーに

「Shop Small」

という”日”を作ってしまったところなんですね。


広告キャンペーンて言うのは水もので、たいていは一定の期間が過ぎると
無くなってしまうものなのに、これからも継続的に続くイベント、特別な日を
このキャンペーンは作ってしまったのです。


具体的には、

ウォルマートなどのチェーン店によって衰退したローカルの小さな店舗を応援するために、
アメリカンエクスプレスがバッジやポスター、
ソーシャルメディアでのプロモーションツールなどを提供。




さらに、地元の議員などを交えてこの活動を大々的取り上げた結果、

November 26th が、[Shop Small Saturday]として国が制定した日となり(!)


全米を巻き込むムーブメントとして活発化したのでした。



結果は言わずもがな、



小さなストアは前年度をはるかに超える売り上げをマーク、
AMEXの利用も増え、
AMEXのFacebookでは2,700,000(!)を超える"Like"がされ、

もう、みんなハッピーハッピー。



広告を超えた、圧倒的なスケール。


感服です。

  1. 2012/06/20(水) 12:03:50|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

失恋を乗り越えるアプリ





個人的にこういう中二病のアイデア、大好きなんですよねw



Guaraná Antarcticaというブラジルのドリンクメーカー
(恐らくエナジードリンクかソフトドリンクで、ティーンがターゲット)

このメーカーがlaunchしたアプリがこの

"Ex Lover Blocker"

元カノ(元カレ)ブロッカー です。


失恋した彼(今回は男設定)の最悪な選択、
それは元カノに電話してしまうこと。



このEx Lover Blockerは、彼の友人複数人による、
元カノへの電話を阻止し、彼を復活させるためのアプリです。




友人が失恋した彼にこのアプリをダウンロード「させる」ことからスタート。


彼が元カノに電話しようとすると、この友人たちにアラートが届き、
アラートを聞いた友人たちが電話をし、阻止!



友人たちの電話を無視し、更に元カノに電話しようとした場合、

「こいつは女々しいやつだ!」と

facebookに自動投稿されるという鬼畜っぷり。



まぁ、くだらないっすよねw

でもそのくだらないものを本当にlaunchしてしまうところとが、
「無意味の意味」になるのでは、と。


くだらないことでもこうして実行します!

それによって会社のトーンが消費者に間接的ながら植えつけられるわけです。



あ、この飲料メーカーはこういう遊び心があるんだ、ユニークなんだ。


巡り巡って、ターゲットであるティーンに刺さるのは、こういうアイデアかもしれません。


因みにこれもDDB Brazil
  1. 2012/06/19(火) 16:18:02|
  2. アプリ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

かき消されてしまう広告。

ちょっと今回の意訳は自信なさげですが。




南アメリカのキャンペーン


南アフリカでは
一般の人々が犯行現場を荒らしてしまうために、
犯罪者を有罪にする証拠が失われてしまうということが問題となっていた。


そこで今回、ケープタウン駅の床に犯罪者を模したサンドアートを設置。


駅の利用客がその上を歩行することによって、
犯人の顔がどんどんわからなくなっていってしまう仕組みを通して、

「Disturbing a crime scene makes it impossible to identify the criminal」
(犯行現場をあらすことは、犯人特定を不可能にする)


というメッセージを訴求。



同じことをポスターで掲示するよりも、
こういう一つのアイデアでメッセージの訴求力は爆発的に上がりますね。


「消えやすいサンドアート」を使った広告を初めて見たので、
面白いと思いUP。


アートとか媒体の特徴って、思わぬところで表現方法に昇華しますね。
  1. 2012/06/18(月) 13:27:51|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

evian smart drop project




ParisのEvianが開始したとてもユニークなプロジェクト
(キャンペーンとか、プロモーションとかの領域を超えたプロジェクトだと思う)

冷蔵庫にマグネットで貼りつけた小さな機械で、

好きなevian商品を、好きな時間に届くように注文できるというもの。


うまい!と思ったのが、

家に出ているWi-Fiを経由して注文データを送るという仕組み。


そういえば、かなり多くの家庭ではWi-Fi電波が出ているんだよな、
これって、なんかに使えるな と思ったためUP。



もはや広告ではないという施策が
広告業界で評価されることが非常に増えてきました。
  1. 2012/06/15(金) 09:36:08|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

TOYOTA iQ 特性を生かしたプロモーション




シンプル&ストレートな訴求!



ベルギーで昨年ついにGoogle Mapが導入された。

     ↓

ところが、地図が不完全。
ベルギーにはGoogle Mapを作るための車が通れないような狭い道が多いからだ

     ↓

TOYOTA iQの特性は、
「コンパクトで、小回りが利くこと」


じゃあ、コンパクトで、小回りが利くiQでマップを完成させましょう。



商品の特性をストレートに表現したいいクリエーティブ。


  1. 2012/06/14(木) 13:41:49|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

MINIがパリで一気に10店舗をオープンするよ。。。?





DDBパリのMINIという車の市場を増やすための
プロモーションキャンペーン



なんというか、あ、その手があったか!という感じ。


デジタルとかの手法で頭が埋め尽くされていると出せない施策ですね。




課題
「MINIに試乗するお客様を増やしなさい」

   ↓
試乗といえばお近くの○○ショールーム
これが無い限りはなぁ....。
   ↓
解決策
「いや、店舗作らなくてもよくない?要は試乗できる機会を増やせばいいんでしょ?」



「MINI STORE10店舗!パリのあちこちでオープン」


この実態は、10台のMINIを「MINI STORE」として、

パリの町中を走り、より「広範囲」で、しかも「気軽」に
ポテンシャルカスタマーをMINIに試乗させてあげることができるのです。


ショールームってあっても行きづらいし、これは画期的。


恐らく荷物の多い人を、その人の家まで送迎してあげたりしたのでしょう。


プロモーションと送迎とか、正に売り手と買い手のWin-Winになりますからね。


これは素晴らしい施策です。




やっぱりDDBってすごいよ。
  1. 2012/06/13(水) 10:48:03|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

The Little Guy Inside the ATM - BBVA Foundation




Peruの子供の識字率を高めるための団体、
BBVA Foundationが、ATMの広告枠を使って行ったキャンペーン





ATMでお金を下ろそうとしたところ、
画面に書いてある文字がなんだか読めない。

    ↓

ATMの画面に、まるでATMに入って、
画面のガラス越しにいるかのような男が登場

    ↓
「絵、文字が読めないって?ペルーでは子供の10人に7人が、
同じように字が読めずに困っています。」


「Foundationの説明~~」




あたかも本当に男がATMに入っているような映像デザインがポイント。


この広告枠、普通に流せば普通のCM枠なんですよね。



CMを見ても、「あ、なんだCMかうぜー」

で止まってしまうところです。


そこをユニークなアイキャッチの手法
「中に人が入っている!」

というビックリと面白い!が重なって、メッセージ内容を増幅させるという仕組み。





流す媒体を考えたクリエーティブなメディアの使用方法ですね。




結果が気になります。
  1. 2012/06/12(火) 15:30:03|
  2. キャンペーン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

サンフランシスコに巨大自販機出現!その正体は???




British Columbia州の観光誘致のための、バズキャンペーン

サンフランシスコに巨大な自販機を設置

ボタンを押した人は、大なり小なり
ブリティッシュコロンビア州観光にちなんだアイテムが当たるというもの


ポストカードだったり、カヤックだったり、大小さまざまです。





このキャンペーンの主体はきっと
あくまでユニークな施策で二次露出を狙ったものであるはずだから、
直接的に観光客が増えることに繋がるとは思えないものの、
施策としては間違っていないと思います。


しかし最近、自販機ものが
世界のキャンペーンで多用されすぎてないだろうかw



「自販機のように気軽に、手軽に」

これは何かのヒントになりそう。
  1. 2012/06/11(月) 15:00:25|
  2. 観光
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

言葉がわからない?でも面白いCM

ブラジルの広告。

ポルトガル語がわからない?
まあ、見て下さいよ。








判子の文字

椅子の作り方だと思ったでしょ?
あなたはインドネシア語で、ジュースの作り方を聞いていただけです。


タグライン

EASY TO ASSEMBLE EVEN WITHOUT INSTRUCTIONS
「作り方が要らないくらい簡単に組み立てられます。」


TOK & TOCK (家具メーカー)





ポイント
映像 + 映像にあるべき言葉


映像にあるべき言葉をずらす




うまい!!!
  1. 2012/06/07(木) 17:35:26|
  2. CM 家具
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

現代版 ちぎりポスター

※ ゾンビ、流血(作り物) 注意!!




ノルウェーのWalking Dead
というFox Crimeの番組のシーズン2をプロモートするための施策。


目的は、

①foxcrime.no というウェブサイトに視聴者を誘引し、
フリーiPhoneがあたるコンテストに参加してもらうこと。
     
      +

②ゾンビのインパクトを喚起すること


但し、予算が超少ない!!!

(予算が少ないところに限って、要求は高いものなんです。)


人々が電話番号とか、URLとかを持っていけるもの

。。。。下にチケットみたいにちぎれるところがある、
Tear Off POSTERなんていうのが、昔からあるよね


        ↓

ゾンビの体をちぎって持っていける、等身大の
TEAR OFF POSTER作っちゃおうじゃないの



ポイント

*等身大であること

*ゾンビ(腕取れる)+TEAR OFFを結びつけた点


ちょっとのひねりで、低予算でも
インパクトのある施策ができるんですねー






  1. 2012/06/07(木) 17:09:41|
  2. プロモーション
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Home Sweet Home Cm





ベルギーの Tiense SuikerのCM


ありきたりな製品でもストーリーを加えると
こんなに訴求力が上がるという好例。

  1. 2012/06/06(水) 19:04:50|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Halls Change of Air CM






これは恐らく長年使っているタグラインから
ストーリー発想したんだと思います。

タグラインは

「Change the air and Everything Changes」
(空気を変えれば全てが変わる)

この商品は息をきれいにするガムなので、
ここでいう空気は息な訳ですね。



大まかなストーリーは、
この主人公たちは様々な場所で空気を集め、
それを別の場所に放つという実験をしたわけです。

すると、放った空気によって、
場の状況が変わったという事実に直面します。


例えばヒッピーたちが集まる平和な地区から集めた空気によって、
狂気うずめく地下ボクシング場のボクサーがお互いハグしたり。


彼等はこう締めています。


「我々は大変な真実を発見した」

We are what we breath.

「我々とは、我々が呼吸するとおりであると」




ストーリー→タグライン

という発想に限らず、


設定されたタグライン→ストーリー

という発想方法も面白いな、

と思いましたのでアップ。
  1. 2012/06/06(水) 10:02:38|
  2. CM 食品
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Coca Cola ZERO: A Step from ZERO

個人的には商品にどう落ちてるの?と疑問のCMですが、
ヒントになりそうなのでアップ。




タイトルが A Step from Zero


(ゼロから生まれるステップ)



ダンスの形を模索する若者が、
飲みほしたCoca Cola ZEROの瓶を足で止めようとした瞬間、
あるステップを思いつく、
そしてそれが世界に広がっていくというストーリー。


最後のタグラインが
「MAKE IT POSSIBLE」
なんだけど、どうもな~。。。

あんまり落ちている気がしない。


コーラから始まる、コーラから広がる世界があるってことかな?


若者の夢に寄り添うのがコーラですってことかな?



A Step from ZEROっていうコピーから
これだけ話を派生させられるっていう部分はヒントになる。



同じようなストーリーだと、
ハイネケンのこれ
を思い出しますね。
  1. 2012/06/05(火) 18:55:12|
  2. CM 飲料
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Ungrateful CM

単なるメモとして。

こちらのリンクで見て下さい。


商品がそれか!なるほどという意外性。



  1. 2012/06/05(火) 17:09:28|
  2. 音楽
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

女をスピードアップさせ、男をスローにする。=?



これ、かなりいいCM


DJのBPMマッチという観点、
ターゲット年代(20代)に合った表現選定が

素晴らしい。






SPEEDS HER UP.(彼女をスピードアップし、)

SLOWS HIM DOWN.(彼をスローにする。)


外のイボイボが女性のオーガズムまでの快楽を向上させ、
中のローションが男の射精までの時間を延長させる


という特性を持つ、DurexのコンドームのCMなのです。



腹落ち度がいい。

あ、なるほどね!とユニークに商品訴求ができる、
素晴らしいCMです。
  1. 2012/06/04(月) 17:30:23|
  2. CM  トイレタリー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0