世界のCM 世界の広告

メタファー



Brazilより、
障害者雇用促進のTVCF。

Hire a disable person.
(障害のある方を雇おう)

Help them to occupy this spot.
(彼らがこのスペースに駐車できるサポートをしよう)


障害者用パーキングスポットが、
障害のある方の雇用状況のメタファーになっているわけですね。


isobar Brazilは、全体的にクオリティ高いと思います。


  1. 2013/05/22(水) 20:33:07|
  2. CM 団体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

状況を可視化




BC Children's Hospital Foundationというカナダの団体のCM.

WE'VE RUN OUT OF SPACE.
(スペースが足りません)

HELP US BUILD A NEW HOSPITAL.
(病院建設を助けて下さい。)


わかりやすいですね。

スペースが足りないの「可視化」。


シンプルで伝わりやすいCMは可視化が多い気がする。
  1. 2013/03/06(水) 17:39:52|
  2. CM 団体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

IRON BABY




Youtubeの作品一覧がバズれば、それは立派な
個人ポートフォリオの広告ですね。


IRON MANと赤ちゃん、というギャップもこれまたいいですね!


しかし、素人のレベルを完全に超越しています。


すごいです。


  1. 2012/11/06(火) 13:45:57|
  2. CM 団体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

子供の視点





フィンランド、ヘルシンキから。
飲酒による児童虐待を無くす目的の団体のCM


タグラインは

"How do our children see us when we've been drinking? "
(酒を飲んでいた我々を、子供たちはどう見る?)


Speak Out
(話そう)
to help us change the way we behave
(我々の行動を変えるために)


「誰かの視点になる」=別の視点

広告では頻出する表現方法なのですが、
その中でも子供の目線というのは、
大人をターゲットにした際に「気づき」を与えるという意味で
とても有効な方法ですね。

子供にはこう見えるんだよ、と。

そういえばこんなのもありました。

$世界のCM 世界の広告


子供にはこう見えます、という広告
(児童の事故を防ぐ活動をする団体かなんかだと思います。)


  1. 2012/09/12(水) 11:45:59|
  2. CM 団体
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0