世界のCM 世界の広告

可視化とCMの構造を改めて考えてみる。




フィリピンの頭痛薬 SaridonのCM.

"For Persistent headache"
(いつまでも続く頭痛に)


ADFEST 2013
のフィルム部門GOLDでした。



映像の強さって、
やっぱり“可視化"なんでしょうかね。


構造としては、


 ”何?(5~6秒)”
   ↓
映像+コピー=答え合わせ(5秒)
   ↓
コピー+商品=“あーなるほど”(5秒)


“何?"が本当に気になるか、もっと見たいと思わせるかが、
特にネット上では映像を飛ばされないためには大切。

そして”あーなるほど”が
予想外であればある程、おもしろく感じるのでは。



世界のCMフェスティバルが好きそうなCMだなぁ、
と思いました。
  1. 2013/04/11(木) 14:04:34|
  2. CM 化学
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

クラレ ミラバケッソ バリア系編 CM



成海璃子って本当に清潔感のある子ですね。

化学、食品などいろんなクライアントさんにご好意を持ってもらえますね。

素晴らしい資質。
  1. 2011/09/06(火) 13:32:23|
  2. CM 化学
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0